GICSSとは

GICSS研究会誕生まで

滔々と流れ最後は大洋へと至る大河も最初は一滴の雫から始まります。

私たちGICSSの源流も一つの出会いに遡ります。今から40年程前の京都。二人の通訳ガイドが仕事で出逢いました。ガイド歴も浅い二人の女性は、教え合い、刺激し合って成長するパートナーとなりました。

雫が大きい水滴となり、水滴が集まってせせらぎとなるように、志を同じくするガイド仲間が増え確固とした流れとなり、グループとなり川幅も拡がり、1999年に大きい流れの研究会となりました。

川の流れの途中には試練もあります。流れを堰き止める思わぬ岩や、流れを塞ぐ土砂崩れ。でも素晴らしい滝となって美しい瀑布を見せることも出来ます。

現場で奮闘するGICSSのガイドたちも様々な出来事に遭遇してきました。でもそれらの経験、ノウハウを共有し、お互いに助け合うことで、大きな流れを持つ河川へと成長出来たのです。

私たちがその過程で学んだこと。

鮨職人を始め、伝統技術の一流の職人同様に
輝くプロフェッショナル通訳ガイドも
そこに至る道には修業時代があり
先輩からの厳しい指導と研修、ガイド同士の交流による成長
そして自らの大変な努力が必ずある

私たちが大切にしたいのは第一線でお客様相手に切磋琢磨してきた現場感覚です。皆さんが通訳ガイドとしてより高い所を目指す際に、文字通り「ガイド役」としてお役に立ち、会員同士の切磋琢磨、交流の場を提供したいのです。

GICSS研修の独自性

GICSSが提供する研修プログラムは、「研修」という言葉で簡単に表現しきれない特色を有しています。この独自性こそが、GICSSを一味も二味も違うガイド団体たらしめているのです。

  • 異文化情報学(通訳ガイド分野研究)博士号を取得した理事長のランデル洋子が現場で培ったノウハウと21世紀型ガイド技術研究によって集大成したユニークなプログラムを基幹としています。
    • GICSSの体系化されたCross-cultural communication能力向上のプログラムは海外からのお客様とのコミュニケーションのみならず、国内であっても異なるカルチャー(企業文化や職種)バックグラウンドを持つ様々な人たちとのコミュニケーションにも適応出来るように組まれています。
    • 受講者の個性を大切にした丁寧な指導で、短期間で成長を実感出来る小クラスワークショップが多く含まれています。
    • 選び抜かれた講師陣による講義の中で、理論と具体的な知識をしっかりと学びます。
  • 新人研修とGICSS検定では、GICSS-PA(Personal Appraisal)と名付けた通訳ガイドの個人評価システムを導入し、一流通訳案内士として必要とされるスキルやコンピテンシーを抽出し、複数スケールで項目ごとに到達度を判定し、評価を本人にフィードバックしています。将来のポテンシャルを見据えてのアドバイスも行うので、自らの成長プランを立てることが出来ます。
    GICSS-PAに基づく「個人評価表」の例
    個人評価表の図
  • GICSS-PAはさらに企業や地方自治体のお客様が、所属通訳ガイドの評価をする際にも、お客様のニーズに適応してカスタムメイド化され採用例が増えています。
  • TCSPサービスの提供で、旅程管理主任資格取得のお手伝いも致します。
  • GICSSに入会、研修に参加された方を対象に、様々な交流会、就業機会の紹介を致します。研修参加=就業機会の保証ではありませんが、参加者への個別カウンセリングや情報提供を通じて、その方に合った様々な通訳ガイド、通訳の仕事を得る確率を著しく高めることが可能です。

GICSSのミッション

我が国の対外情報発信力は必ずしも高いとは言えません。観光大国を目指しますます多くの海外からのお客様を迎えている今こそ、情報発信力強化の好機です。

海外からのお客様に様々なジャンルで日本への理解を深め、日本のファンになって頂く。彼らが日本での体験をグローバルに伝えれば、我が国を訪れてくれるお客様がさらに増えます。この好循環こそが、我が国の将来を支える力強い柱へとなっていく筈です。

私たちGICSSの使命は、その担い手たる志があり質の高い通訳案内士を多く育てて、現場に送り出すことです。より多くのお客様に来日して頂き、観光産業を中心に日本の更なる発展に寄与する一翼を担うことが喜びでもあります。

GICSSは皆さま一人ひとりが優秀なガイドとして育ち、充実した人生を送って行くために乗る船です。私たちは皆さまが輝く通訳ガイドになるための渡し守の役割を担いたいと思います。

概要

名称 NPO法人 通訳ガイド&コミュニケーション・スキル研究会
(GICSSジックス研究会)
(英文名称 : Guide Interpreting &
Communication Skill Studies Association)
本部 〒154-0011 東京都世田谷区上馬5-20-15-1001
電話 03-3706-9861
設立 2005年10月17日
(前身の任意団体GICSS研究会は、1999年10月1日設立)
代表 理事長/ランデル洋子  副理事長/松岡明子
会員数 580名(2019年10月末現在)

これまでの歩み

1999年10月
  • 任意団体として発足し、その後国土交通省の通訳ガイド届出団体となり研修活動を開始
2002年
  • 会員交流会開始。GICSS News発行開始
2005年
  • NPO法人の登記を完了。会員番号、研修修了証発行その他、組織の整備が進む
2006年
  • 旅程管理業務研修を開始
2007年
  • 京都通訳ガイドサービスキャンペーンを開催
  • 無料ガイド(サービス)・デー開始
  • 韓国旅程管理現場研修ツアーを実施
2008年
  • TCSPサービスを開始
  • DVDスクーリング新人実務研修を開始
2009年
  • 設立5周年記念第1回通訳ガイドコンベンション
2010年
  • 観光庁による高度人材育成事業研修開催。理事長、副理事長も講師を務めた
  • 異文化コミュニケーションスキル研修、日本伝統芸能研修(京都)、日光・鬼怒川バス研修
  • CCチャレンジサークル開始
2011年
  • ウォーキング研修を開始、その後、“地域スポット研修”シリーズとして定着
  • 伊賀忍者研修後、陶芸の森にて

2012年
  • 観光庁・通訳案内士専門性研修支援事業に理事長が講師として登壇
  • 台湾ガイド視察研修
  • 台湾研修

2013年
  • “新”無料ガイドデー実施
  • ガイドソングCC、バーチャル研修
2014年
  • 第2回通訳ガイドコンベンション
2015年
  • GICSS検定開始
2016年
  • e-ラーニング教材、“通訳ガイドアカデミア”開始
2017年
  • 夏季研修ウィーク:3日間連続でジャンルの違った研修をまとめて開催
  • 新人研修

    歌舞伎研修

2018年
  • 通訳案内士業法改正に伴う 観光庁経過措置研修テキスト作成及び講師派遣の協力(観光庁研修)
  • 第一回東京都スキルアップ研修 (株)ランデルズと協働し、GICSSより講師派遣協力
  • 直島研修

    宮島にて

2019年
  • 第3回通訳ガイドコンベンション
  • 通訳ガイドコンベンション-1

    通訳ガイドコンベンション-2

    通訳ガイドコンベンション-3

    通訳ガイドコンベンション-4

    大阪道頓堀Walking Tour研修

組織構成

年次総会、理事会、GICSS会員、GICSS検定審査コミティー、事務局

ページのトップへ戻る

GICSSホームページFunding 芳名

新ホームページ制作へご協力賜りました皆さまのご芳名を掲載させていただきます。

秋元 裕美子 浅井 淳子 芦野 渡 今井 寿美子 海老原 昌之 大川 益祐季 大久保 真弓 岡西 美由紀 小川 久美子 金子 潤
鴨井 真由美 熊崎 るみ子 玄永 羊子 齋藤 一美 齋藤 正 齋藤 裕 佐藤 毅己 佐藤 忠彰 下河邊 雅行 白木 茉莉子
芹田 啓子 高田 隆子 高橋 みち子 田中 多加子 田中 律子 田村 聡子 長野 雅子 中村 誠 中村 予至子 西岡 智子
萩原 浩之 橋詰 玲子 畑佐 佶 坂東 英利子 広岡 幹雄 福井 道孝 伏見 作子 町田 真知子 松岡 明子 松川 裕子
三浦 陽一 溝口 誠 南 守 宮下 修 村木 美幸 村瀬 隆宗 目時 伸 薮 玲子 矢部 一夫 矢部 正美
山内 和代 山際 道子 山田 展之 山ノ内 昌子 吉川 奈奈子 吉田 英夫 ランデル洋子 脇本 剛史      

 その他大勢の皆さま

(敬称略・五十音) 

このホームページは会員の皆さまのサポートで成長していきます。

今後ともお力添え賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

GICSS研究会